こうのす花火大会2018の鴻巣駅の混雑回避は?臨時列車や終電も!

Sponsored Links







関東屈指の花火大会であるこうのす花火大会、昨年は40万人もの人が訪れました。

花火大会終了後は一気に人が駅に押し寄せるので、当然のことながら大変な混雑状況となります。

そこで最寄駅である鴻巣駅での混雑回避の方法や臨時列車、終電について調べてみました。

今回はこうのす花火大会2018の鴻巣駅の混雑回避方法は?臨時列車や終電も!と題してお届けしていきます。

Sponsored Links

こうのす花火大会2018の概要

まずはこうのす花火大会2018の概要から見ていきましょう。

日時 2018年10月13日(土) 18:00〜20:00
場所 埼玉県鴻巣市
糠田運動場及び荒川河川敷
アクセス JR鴻巣駅徒歩約30分
JR鴻巣駅から市内循環バスで6分、田間宮小学校入口下車徒歩5分
関越道東松山ICから車で約40分
首都高与野ICから車で約55分
東北道加須ICまたは羽生ICから車で約55分
昨年の人出 40万人

こうのす花火大会2018の正式名称は燃えよ!商工会青年部!!第17回こうのす花火大会といいます。

鴻巣市の商工会青年部が主催し、ボランティアによって運営されるのが特徴です。

今年で17回目と、まだ歴史は浅いこうのす花火大会が注目を集めたのは、2014年。

世界一重たい花火とギネスブックに認定された四尺玉の打ち上げに挑戦し、見事成功しました。

その当時のダイジェスト映像を見つけました!!

これを見ると、四尺玉がどれだけ大きいのか実感しますね。。。

そして打ち上げ準備も大変な作業です。

そしてラストを飾る尺玉300発の豪華なスターマイン鳳凰乱舞(おおとりらんぶ)も必見!

最後は四尺玉が夜空を彩ります。

こうのす花火大会2018の鴻巣駅の混雑回避方法は?

ドーンと最後の大きな花火が打ち上がって空から大きく降り注いでくる、あの感じ。

花火大会って終わった後の余韻がいいですよね。

でも極力混雑に巻き込まれる時間を短くしたいのなら予め荷物をまとめておき、こうのす花火大会が終了すると同時に動き出せるようにしておくのがポイントです。

これが結果的に20〜30分位の差になってきます。

また、花火大会終了後鴻巣駅に向かう際には、最寄りの西口ではなく東口を目指しましょう。

東口にはSuica専用の臨時改札口(上り方面)が設けられます。

Suicaは必ず行きの段階で残高を確認しておき、必要に応じてチャージをしておきましょう。

ついうっかり残高不足になってしまうと、大変なことになります。

また切符の場合には、往復切符を購入しておきましょう。

駅の構内に入ってからもなかなか進まずに入場規制がかかることもあります。

状況に応じて空いている下りホームを利用して隣の駅で折り返すというのもありかもしれません。

こうのす花火大会2018の臨時列車や終電は?

こうのす花火大会当日は臨時列車の増発が上り方面に数本あります。


出典:公式HP

まずは上り方面です。

これを見てみると20時台は35分と54分に臨時列車が増発されて、8本となります。

また21時台は20分に臨時列車が増発されて、7本となります。

終電は23時26分の上野行きですね。

続いて下り方面です。

下りについては臨時列車の増発はありません

ただしもともと20時台は8本あり、その後の2時間も6本ずつありますね。

終電は0時37分の高崎行きです。

まとめ

今回はこうのす花火大会2018の鴻巣駅の混雑回避方法は?臨時列車や終電も!と題してお届けしてきました。

鴻巣駅の混雑状況を中心に書いてみましたが、花火を観覧した場所や現地を出発した時間帯によっては、隣の北鴻巣駅に向かう場合がいいこともあります。

当然鴻巣駅よりは遠くなりますが、入場規制がかかってなかなかホームに辿り着けない鴻巣駅よりも、スムーズに入場できる北鴻巣のほうが結果的に早くなることも十分あり得ます。

その辺については当日の会場周辺の状況を見ながら決めればいいと思います。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

Sponsored Links







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です