土浦花火大会2018が事故で中止!動画や原因・帰りの混雑状況も!

Sponsored Links







大変残念なニュースが飛び込んで来ました。

今夜開催されていた土浦花火大会が中止となりました。

しかもその内容ですが、どうやら地上付近で花火が爆発して怪我人が出たとのこと。

またツイッターでの情報では土浦駅がパニック状態になったとも。

今回は土浦花火大会2018が事故で中止!動画や原因・帰りの混雑状況も!と題してお送りしていきます。

Sponsored Links

土浦花火大会2018が事故で中止!動画や原因は?

衝撃のニュースです。

日本三大花火の一つで観覧の人出が75万人とお80万人とも言われている土浦花火大会2018が、事故で中止となりました。

報道されている内容によると、打ち上げ花火が地上付近で爆発、10人がやけどや擦り傷などのけがをしたようです。

今回の土浦花火大会は10月6日(土)の午後6時から行われていました。

そして開始して30分ほどした午後6時半頃に打ち上げ花火が地上付近で破裂という事故が発生しました。

そして午後7時40分に中止となりました。

まずはその瞬間の動画から。

この10尺玉が低い位置で爆発、というのがよくよく考えるとものすごい危険な状態ですよね。



出典:Japan-fireworks.com

10尺玉は直径が30センチ。

そしてこれが通常330メートルほどの高さに打ち上がり、開花時の半径は160メートルになります。

これが至近距離で破裂したとなると、実際の現場では報道されている以上に大変な状態だったのではないでしょうか??

今回の事故の原因ですが、台風25号の接近に伴っての強風の影響だと思っていました。

実際にNHKなどで報道されていた主催者側の中止の理由としても「強風のため」。

でもどうやらそうではない可能性も。。。

実際に会場に行かれた方からのコメントでは、風がそんなに強くなかったという声もあれば、風が強かったという声も。

真相はまだよくわかりませんが、場所によっても違ったのかもしれませんね。

こちらの方は事故原因が風以外との見方ですね。

こちらの方も風はそんなに吹いていなかったとのつぶやき。

一方こちらの方は風が強かったとのコメントですね。

こちらの方も(風の影響で)ほとんどの花火が風に流れていたと呟いていますね。

土浦花火大会2018の帰りの混雑状況も!

さあ、開催後に事故で中止という最悪の事態を迎えてしまった土浦花火大会2018ですが、おそらく現地でも色々な混乱が生じたのではないでしょうか?

今回の地上付近での花火の破裂事故が起きたのは午後6時半頃、そして大会が中止と発表されたのは午後7時40分。

この間が1時間以上もありました。

このことについて主催者側からも説明がなかったとの声もありました。

大勢の人が集まっていた土浦花火大会だけに、この突然の中止を受けて影響が出てくるのは土浦駅や付近の道路。

仕事が終わって人々が帰宅する時間帯に花火大会会場からの大勢の人がぶつかってしまいました。

 

 

 

今年は残念な結末を迎えてしまったので、昨年の美しい花火で目の保養をどうぞ!

 

まとめ

今回は土浦花火大会2018が事故で中止!動画や原因・帰りの混雑状況も!と題して、お届けしてきました。

本当にまさか?という感じがいまでも消えません。

人出が75万人以上という人出が集まる大規模な花火大会だけに、安全対策もきちんと考えられていたはずなのですが。。。

まずは軽いケガをされた方が早期回復されますように。

また来年はこの事故がきっかけとなって中止にならずに、無事に土浦花火大会が開催されますように。。。

最後までご覧頂きありがとうございました。

なお関連記事もありますので、こちらもご覧下さい。

土浦花火大会2018の交通規制や駐車場、混雑状況は?
https://miraiwodesign.com/hanabi/tsuchiuratraffic/

Sponsored Links







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です