新穂高ロープウェイ紅葉2018の見頃は?待ち時間や駐車場の混雑も!

Sponsored Links







眼下に広がる絶景を楽しめることで人気の新穂高ロープウェイ、いよいよ本格的な紅葉シーズンを迎えました。

遠くから訪れる人も多い新穂高ロープウェイやその駐車場の混雑状況は一体どのような感じでしょうか?

今回は新穂高ロープウェイ紅葉2018の見頃は?待ち時間や駐車場の混雑も!と題して、新穂高ロープウェイからの美しい紅葉を楽しむための情報をお届けしていこうと思います。

Sponsored Links

新穂高ロープウェイの紅葉2018の基本情報

まずは新穂高ロープウェイの紅葉2018の基本情報から見ていきましょう。

例年の見頃 10月上旬〜10月下旬
紅葉する木の種類 カエデ、ブナ、シカラバ、コシアブラ、ミズナラ、ダケカンバ、ヤマウルシ、オオヤマザクラ、コシアブラ、ツタウルシ、ナナカマドなど
料金 新穂高ロープウェイの料金:第1・第2ロープウェイ連絡(新穂高温泉~西穂高口) 大人(13才以上):片道1600円 往復2900円、小人(小学生):片道800円、往復1450円 荷物券:片道300円、往復600円。第1ロープウェイ(新穂高温泉~鍋平高原):大人(13才以上):片道400円、往復600円 小人(小学生):片道200円、往復300円、荷物券:片道100円 往復200円。第2ロープウェイ(しらかば平~西穂高口):大人(13才以上):片道1500円、往復2800円、小人(小学生):片道750円
住所 岐阜県高山市
交通アクセス JR高山駅から新穂高ロープウェイ行バスで約90分、各バス停下車
長野自動車道松本ICから国道158・471号、県道475号線で約90分

新穂高ロープウェイは日本で唯一の2階建となっています。

第一ロープウェイ・・・新穂高温泉駅 – 鍋平高原駅の全長573m、高低差188mを5分で結んでいます。

第二ロープウェイ・・・しらかば平駅※ – 西穂高口駅の全長2,598m、高低差848mを7分で結んでいます。

※しらかば平駅は鍋平高原駅から徒歩1分。

 

新穂高温泉の紅葉2018の見頃は?

例年10月上旬から10月下旬にかけて見頃となる新穂高ロープウェイの紅葉ですが、今年は1週間ほど早い模様。

新穂高ロープウェイのホームページ上では標高の異なる地点の紅葉情報が載っています。

それによると一番標高の低い新穂高温泉駅付近は「もうすぐ見頃」となっているものの、中間地点や終点の西穂高口駅ではすっかりとした色づきが見られ、「見頃」との表示が出ています。

新穂高ロープウェイの紅葉2018の待ち時間や駐車場の混雑は?

新穂高ロープウェイの混み具合ですが、一年を通して「空いている」「混雑」「とても混雑」と分けた場合、紅葉が見頃を迎えている10月についての目安です。

平日・・・「混雑」
土日・・・「大混雑」(最大30分程度待つ)

昼頃の時間帯(11時〜14時頃)が混むので、この時間帯の乗車は避けたいところです。

できれば朝一番が理想です。

また多くの方がマイカーで訪れると思いますが、駐車場も注意が必要です!

平日はそうでもないのですが、紅葉の時期の週末は混雑必至です。

一番入口側の新穂高温泉駐車場に停めたいという場合には、ロープウェイの営業開始の30〜40分程度早めに来ていた方が安心です。

因みに10月の土日祝は8時、平日は8時30分が営業開始です。

名称 台数 駐車料金
新穂高温泉駐車場 230台 500円
鍋平高原駐車場(降雪期は営業中止) 790台 600円


出典:新穂高ロープウェイHP

 

まとめ

今回は新穂高ロープウェイ紅葉2018の見頃は?待ち時間や駐車場の混雑も!と題して、新穂高ロープウェイからの美しい紅葉を楽しむための情報をお届けしてきました。

澄み切った空気の中を散策したり、ロープウェイからダイナミックな景色を眺めたりと、新穂高ロープウェイ及びその周辺からは様々な景色を楽しむことができるオススメの紅葉スポットばかりです。

どうぞ現地にていいお時間をお過ご下さい。

それでは 最後までご覧頂きありがとうございました。

Sponsored Links







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です