横浜ベイブリッジは台風25号の強風で通行止め?神奈川にいつ接近?

Sponsored Links







大型で強い台風25号2018が、刻々と九州・本州に迫ってきています。

沖縄県では台風25号の大雨や強風に巻き込まれ、広い範囲で停電も発生しました。

これから台風25号は九州北部に接近し、その後日本海を抜けていく見込みです。

今回の台風25号の特徴はその強風の吹く範囲がとても広いこと。

日本海を通過していく際にも、太平洋側までその風の影響が及ぶと予想されています。

今回は横浜ベイブリッジは台風25号の強風で通行止め?神奈川にいつ接近?と題してお届けしていきます。

Sponsored Links

台風25号2018はいつ神奈川に接近?

それでは早速現在の台風の状況を確認していきましょう!


出典:ウェザーニュース

10月5日(金)21時現在、大型で強い勢力の台風25号は、五島列島の南西約300kmの地点を北に進んでいます。

台風25号の予想進路図を拡大してみると、10月6日(土)の朝から瀬戸内海が強風圏内に入っていくことが分かります。

そして横浜ベイブリッジのある東京湾に影響が及ぶのは6日(土)のお昼頃からでしょうか。


出典:ウェザーニュース

気象庁から発表の神奈川の天気を見て見ましょう!

これによると6日(土)は南の風がやや強く、7日(日)は南西の風がやや強いとの表記が見られます。

また高波にも注意が必要なようですね。


出典:気象庁HP

 

横浜ベイブリッジは台風25号の強風で通行止め?

横浜ベイブリッジは1989年に開通した横浜市にある長さ860mの吊り橋です。

本牧埠頭と大黒埠頭を結び、上層部は首都高速湾岸線、下層部は国道357号という構造です。

完成した当初は夜景見物の車による橋上での駐停車が問題になる程人気のスポットでした。

確かにその気持ちも分かるような美しさですよね。

東京港方面と横浜港を結ぶ重要なルートである横浜ベイブリッジですが、実は時々強風の為に通行止めになってしまうことがあるので注意が必要です。

10月6日(土)午前1時現在の横浜ベイブリッジの通行状況についてですが、特に規制は出ていません。

まとめ

今回は横浜ベイブリッジは台風25号の強風で通行止め?神奈川にいつ接近?と題してお届けしてきました。

大型で強い台風25号は九州北部の海上から日本海へと向かう進路となっており、横浜ベイブリッジのある神奈川へは早ければ10月5日(金)の夜からやや強い風が吹くことも予想されています。

10月6日(土)午前1時現在においてはベイブリッジにおいては強風による通行止めはありませんが、、今後通行止となる可能性も十分にあり得ます。

引き続き台風の進路と道路交通情報の発表にも注目をしていく必要がありますね。

それでは最後までご覧いただき、どうもありがとうございました。

関連記事がありますので、よろしければご覧下さい。

東京湾アクアラインは台風25号で通行止め?神奈川・千葉にいつ接近?
https://miraiwodesign.com/trafficinfo/tokyobaytyphoon25/

 

Sponsored Links







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です