しまなみ海道は台風24号2018で通行止め?瀬戸大橋や明石海峡大橋も?

Sponsored Links







もうじき9月も終わるというこの時期、又しても日本直撃の可能性が高い台風24号2018が発生してしまいました。

台風24号は非常に強い勢力となって日本へ前進を続けています。

このまま予想進路の通りに行くとなると四国、近畿地方を直撃し、多くの被害をもたらす可能が非常に高くなっています。

今回の台風24号は非常に強い勢力であるだけに暴風や強風の吹く範囲が大きく、日本列島の広範囲にわたって大きな被害や陸路・海路・空路の大幅な交通機関の乱れをもたらすことが予想されています。。

本州と四国を橋で結ぶルートは3本ありますが、このように台風が迫ってきた時にはどうなるのでしょうか?

今回はしまなみ海道は台風21号2018で通行止め?瀬戸大橋や明石海峡大橋も?と題してお届けしていきます。

9月30日14時過ぎに内容を更新しています。

Sponsored Links

台風24号2018の現在の状況は?

それでは早速現在の台風の状況を確認していきましょう!

内容を追記しています。

こちらは9月27日(木)18時現在の台風24号2018の情報です。


出典:ウェザーニュース

現在のところ台風24号は、宮古島の南東約500kmを北北西にゆっくりと進んでいます。

このままいくと29日(土)に沖繩・先島諸島に最接近、そして30日の午後に九州に接近、そしてその後に日本列島に接近・上陸・縦断という可能性が出ています。

そしてこの進路予想図からいくと台風24号は30日(日)の夕方から夜にかけて淡路島を通過して神戸付近に上陸となっています。

しまなみ海道について

しまなみ海道(西瀬戸自動車道)は本州と四国を結ぶ本州四国連絡道路の3ルートのうちで一番西側に位置しています。

結んでいるのは広島県尾道市と愛媛県今治市。

尾道福山自動車道西瀬戸尾道ICが起点で、向島・因島・生口島・大三島・伯方島・大島などを経由して今治ICに至ります。

様々な島を結んでいる為、このしまなみ海道では10本の橋(新尾道大橋、因島大橋、生口橋、多々羅大橋、大三島橋、伯方橋、大島大橋、来島海峡第一大橋、来島海峡第二大橋、来島海峡第三橋)がかかっています。(尾道大橋を含めて11本とすることもあり。)

このしまなみ海道は高速道路でありながら、橋には歩行者・自転車・原動機付自転車のみ通行ができる側道やトラス内部の専用路が設置されているのが特徴で、サイクリングやジョギング用としても大変人気があるルートです。

 

しまなみ海道は台風24号2018で通行止め?瀬戸大橋や明石海峡大橋も!

上記でご紹介した魅力的なしまなみ海道なのですが、実は時々通行止になってしまうことがあるのです。

過去2ヶ月程度の本四連絡道路(しまなみ海道、瀬戸大橋(瀬戸自動車道)、明石海峡大橋(神戸淡路鳴門自動車道)の状況について調べると、一番影響を受けにくいのがしまなみ海道でした。

四国に渡るための最後の砦ともいうべき存在です!

なおしまなみ海道が珍しく通行止になった7月6日、大雨で四国が閉ざされてしまった時のツイートです。

9月30日(日)14時現在の本州と四国を結ぶ高速道路の状況です。

本四高速HP
http://www.jb-honshi.co.jp/customer_index/traffic/tsukodome/

出典:JAF HP

まとめ

今回はしまなみ海道は台風21号2018で通行止め?瀬戸大橋や明石海峡大橋も?題してお届けして来ました。

台風24号は9月30日(日)に夕方から夜にかけて四国や紀伊半島に上陸の見込みで、中でも兵庫は淡路島や神戸付近が直撃となる可能性が高まっています。

事前の予報通りでいくと29日からは風雨が強くなっていくことから、特に明石海峡大橋は通行止めとなる可能性が高いです。

本州と四国を結ぶ動脈なだけに、引き続き台風の進路と道路交通情報の発表にも注目をしていく必要がありますね。

最後までご覧いただき、どうもありがとうございました。

Sponsored Links







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です